未分類

コーヒー関連の資格

お気に入りのカフェでのんびりしているとき、かっこいいコーヒー関連の資格を載せた名刺をもてたら、と考えたことはありませんか?

ここでは、コーヒー好きならちょっとあこがれてしまう、コーヒーに関連した資格を3つご紹介します。

コーヒーマイスター

Barista making a perfect latte art on flatwhite

コーヒーマイスターとは、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が育成・認定している資格で、「コーヒーに対するより深い知識と基本技術の習得をベースとして、お客様へ豊かなコーヒー生活が提案できるプロのコーヒーマン(サービスマン)」と定義されています。

国内のコーヒー関係の団体の中でも権威あるSCAJの認定資格ということで、日本中から希望者が集まっているようです。

スタートが1999年のまだ歴史の浅い資格のため、現在は約4000人弱と数はそんなに多くないようですが、人数が増えるにつれて知名度も徐々に上がってきています。

SCAJの会員となった上で、春と秋に開催されている要請講座を受講し、認定試験に合格することで取得できるとのこと。

関連業界にいないとやや厳しめの要件もあり費用もそこそこかかりますが、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

バリスタライセンス

エスプレッソを中心にコーヒーの抽出全般に精通するバリスタは、セカンドウェーブの広まりと共に知名度が高まった資格の一つといえます。

いまでは一般的にも通りの良い名称といえるのではないでしょうか。

バリスタ自体は国家資格でも免許が必要な名称でもなく、名乗るだけなら誰でも名乗ることができます。

しかし、業務で使用する以上それに見合った知識や技術を身につけていなければ、一般的な知名度がある分逆効果にさえなりかねません。

バリスタの講座やスクールはいろいろとあるようですが、もっとも信頼度の高いものとしては「日本バリスタ協会(JBA)」の講座と認定試験があげられます。

これはJBAの認定校でのスクールを修了し、認定試験に合格したものにライセンスを発行するというもので、知識や技術の度合に応じて「レベル1~3」と「インストラクター」の4種類があるようです。

コーヒーやエスプレッソに関する知識の座学、基本的なエスプレッソの抽出や高度な技術に関する実技など、業務に使用できる実際的な講習を受けることができるため、ライセンス取得後は自信を持って仕事に当たることができるようになるでしょう。

コーヒーソムリエ

Different types of roasted coffee beans

「日本安全食料料理協会(JSFCA)」が定める認定資格で、以前はコーヒーアドバイザーという名称でした。

「コーヒー豆、コーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなど、コーヒーを選び、楽しむための知識」が認定試験の範囲とされ、コーヒー関連の仕事に従事する人はもちろん、一般のコーヒーファンにとっても身につけておきたいレベルといえます。

そのため、受験資格は「特になし」となっており、業界関係者でなくとも試験を受けることが可能です。

身につけた知識を試し、体系立てて理解するために、挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

なお、JSFCAではこのほかにも「カフェオーナースペシャリスト」「紅茶マイスター」など飲食に関連するいろいろな認定試験を行っているようです。

  • この記事を書いた人

おいしい珈琲 編集長 モリシゲ

味のことなんて気にせずに飲んでいたインスタントコーヒー。 それが職場に設置されたバリスタで淹れたコーヒーを飲んで一変。 「インスタントコーヒーなのにこんなに美味しくなるなんて!なぜ?」 そして50歳の誕生日に自腹で買ったバリスタ。 名前を「バリリン」とつけた。 このことがきっかけでコーヒーにハマることに・・・。

-未分類

© 2020 OEC珈琲